トップ

乳酸菌で腸内改善

腸内環境とお肌の関係

腸内環境と肌の調子大きな関係が

肌荒れやニキビがよく出る人は、洗顔などを念入りにやって、防ごうとするかと思います。しかし、ニキビや吹き出物が出る原因は、肌の表面の環境だけではありません。腸内環境も大きく関係しています。腸内環境の良し悪しが、肌の状態に大きく影響するのです。

肌荒れやニキビが出て来るのを防ぐには、腸内環境の改善を図らなければなりません。腸内環境を改善するおすすめ乳酸菌ならこちら。

腸内の環境は、食べるものやストレスなどに影響されやすく、悪化したり良くなったりするのを繰り返しています。そして、肌が荒れやすいときには、腸内環境が悪化している可能性が高いです。体調もあまり良くないときが多いでしょう。

そういった状態だとビタミンBが体内で合成されにくくなってしまいます。ビタミンBは皮膚の健康を保つ役割を果たすため、それが不足すると肌の免疫が弱まり、ニキビや肌荒れが発生しやすい状態になってしまうのです。

また腸内環境が悪化することで、活性酸素の生成も過剰になって来ます。そうなると、皮脂の酸化を促し、ニキビや吹き出物が出やすくなってしまうのです。便通も悪くなることが多く、腸内環境の悪化により便秘になってしまう人もいるでしょう。

便秘になると、老廃物が身体にたまりやすくなるため、血液がドロドロになり、代謝機能も下がります。その結果、肌のターンオーバーの周期も乱れて来るのです。肌荒れやニキビができやすい状態になってしまいます。

腸内環境が良いか悪いかを判断するには、便を見てみると分かりやすいです。バナナ状で固すぎず軟らか過ぎない便が出るときには、腸内環境は良好です。しかし、固すぎたり軟らかすぎたり、色やニオイが普段と違うときには、腸内環境が悪化している可能性が高いです。

Copyright © 腸内環境とお肌の関係. All rights reserved.